特定調停の費用

取引をしているキャッシング会社1社につき、合計720円です。 費用は、裁判所によって異なりますが、その内訳は、

費用の内訳
印紙代:300円
切手代:420円

例えば、取引をしているキャッシング会社が10社ある人は、
720円×10社=7,200円  となります。

裁判所に収める費用としては、この程度の金額なのです。

特定調停Q&A

特定調停の基本について
特定調停の基本について
特定調停の手続きについて
特定調停のちょっとした質問