どの債務整理を選ぶ?

ここまでで、現状の自分自身の借金について考えてきましたが、毎月の返済できる金額は、いくらになりましたか?

冷静に借金を捉える事で特定調停などの法的な債務整理に頼らなくても完済できる方もいるでしょうし、このままでは、返済していけない事が分かった人も居るでしょう。その場合、どの債務整理を選択するかがポイントになってきます。

このページでは、4つの債務整理について説明します。

債務整理を選ぶのかを考えよう

特定調停について

この際とは、特定調停をテーマに扱っています。
当サイトを全て読んで頂ければ、特定調停を理解していただけると思いますが、概略を説明しますと、特定調停とは、自己破産の一歩手前にいる人を救済するために作られた制度で、キャッシング会社を規制する2つの法律の矛盾のをつく事により、借金を減額する交渉を行う制度です。

そして、減らした借金を最長5年で返済していくというものです。

任意整理について

任意整理も本質的には、特定調停と変わりありません。
特定調停との大きな違いは、任意整理は弁護士に依頼して、弁護士がキャッシング会社と減額交渉をするものです。 しかし、弁護士に依頼するため、特定調停の何倍ものお金が必要になるのが実情です。

自己破産について

自己破産は良く知られている精度で、借金の額が大きすぎて、返済が不可能な方が、その借金を帳消しにしてもらうための手続きを取る方法です。

弁護士に依頼しなくても自分で手続きを取ることも出来ますので、弁護士費用が払えない方でも利用できますが、特定調停より書類作成の手間や時間が、かかります。

詳しくは、【自己破産の知識】を参考にしてください。
また、自分で自己破産の手続きを取られる人の為に、以下のサイトも参考にしてみてはいかがでしょうか?【自己破産・ガイド

過払い請求について

キャッシング会社との取引期間が10年近くあれば、利息制限法で利息を計算し直した時に、利息を払いすぎている可能性があります。
その場合、過払い請求を行うことで、払いすぎた利息を返還してもらう事が出来ます。

特定調停の様に簡単な方法ではありませんが、自分で手続きを行う事が出来るので、取引が長い方は、過払い請求をするのも良いでしょう。